桜木ピアノ教室は、ピアノ教室ですので、
もちろん、ピアノを教えています。

ただ、ピアノを弾くには、
ピアノだけをやってれば良いかと言うと、
実はそうではありません。


楽譜を読み取る力、
リズムを感じる力、
表現したいと思う気持ちが必要です。


ですので、
「ピアノを習いに行ってる」はずなのに、
レッスンではピアノ以外の話をしてる…
ということも、あります。

そして、ピアノを始めると、まず立ちはだかる
問題の1つが
「楽器をどうするか」
ということではないでしょうか。

ピアノはスイミングなどと違い、
お教室にいらして弾いていただく以外に、
ご自宅での練習もお願いしています。


練習を習慣化させることで、
「コツコツやり抜く力」を
身につけることが出来るようになり、
ピアノ以外の分野にも
良い影響を及ぼします。


ですので、できるだけ早い段階で、
ご自宅での練習環境を整えて頂くよう
お願いいたします。

「電子ピアノではダメですか?」
とご相談いただくことも多いので、
一度こちらに、私の考えを書かせて
いただきたいと思います。

結論から言ってしまえば、
私は、現代の住宅事情などからも
「電子ピアノ」で練習するのはあり
だと思います。


今の電子ピアノは
色々な機能が備わっていて、
例えば、バッハのお勉強をするのに
チェンバロ(ピアノの前に使われた
鍵盤楽器)の音色で弾いてみると
イメージが湧く…なんてメリットも
あります。

ご自身の演奏を録音して
客観的にチェックすることが
出来たり、

もともと色々な曲が内蔵されて
いるものは鑑賞も出来たり、
良いものですよね。

電子ピアノは、
音量が調節できる、
ヘッドフォンを使って練習出来る、
移動させやすい、
調律が要らない
というメリットもありますが、

タッチのコントロールをせずとも一定の
音が出せることで、
ピアノによって育つ脳力の恩恵100%
得ることが出来るかどうかと言えば
100%は難しいかもしれません。


それでも、電子ピアノは今の時代に
合った楽器だと思っています。



もし、可能でしたら、ヘッドフォンは
付属のものではなく、別で良いものを
ご準備いただくことをお勧めします。
(ピンキリだと思いますが、1万円~の
ものでしたら、割と良いのではと思います。)



それでは、どんな電子ピアノ?
と更に疑問に思われる方もいらっしゃると
思います。

具体的には、


鍵盤がピアノと同じ88鍵あり、
ピアノのタッチに近いもの、
ペダルが本体に付いているもの
(後付けのペダルではなく…)

です。


メーカーは問いませんが、
形のイメージは
ヤマハさんのクラビノーバのような
ものです。

キーボードのようなものは、
タッチが安定せず、
鍵盤数も少なく、
ペダルもないため、
桜木ピアノ教室がピアノ教室である以上
申し訳ありませんが、お買い替えを
お願いしています。ピアノをやるのに、
キーボードで練習するということは、
バレーボールをやるのに「風船を使う」
…ということと同じようなものです。

※マスターコースを希望される方は
グランドピアノ、アップライトの
いずれかで練習していただくことが
レッスンをお受けする条件の一つに
なります。

楽器の購入、買い替えについての
ご相談も受け付けております。
また、今では楽器レンタルという
サービスもあるようですので、
お困りの時にはお声掛けいただけ
ましたら、ご案内させていただきます。


なお、当教室のピアノも、空いている
時間に限りますが、在籍生徒さんには
30分単位(30分:500円)でお貸ししています。
本番前などご利用ください。