桜木ピアノ教室は、ピアノ教室ですので、もちろん、ピアノを教えています。

ただ、ピアノを弾くには、ピアノだけをやってれば良いかと言うと、そうではありません。
楽譜を読み取る力、リズムを感じる力、また、表現したいと思う気持ちが必要です。
ですので、「ピアノを習いに行ってる」はずなのに、レッスンではピアノ以外の話をしてる…ということも、あります。

ピアノを始めると、まず立ちはだかる問題の1つが
「楽器をどうするか」
ということではないでしょうか。

ピアノはスイミングなどと違い、お教室にいらして弾いていただく以外に、ご自宅での練習もお願いしています。
ですので、できるだけ早い段階で、ご自宅での練習環境を整えていただけますと幸いです。

「電子ピアノではダメですか?」
とご相談いただくことも多いので、一度こちらに、私の考えを書かせていただきたいと思います。

結論から言ってしまえば、私は、現代の住宅事情から「電子ピアノ」で練習するのはありだとは思います。

※マスターコースを希望される方はグランドピアノ、アップライトのいずれかで練習していただくことがレッスンをお受けする条件の一つになります。

手軽な電子ピアノは、音量が調節できる、移動させやすい、調律が要らないというメリットもありますが、タッチのコントロールをせずとも一定の音が出る、そのため耳が育ちにくい(ピアノによって育つ脳力の恩恵を、通常のピアノで練習してる方に比べると受けにくい)というデメリットもございます。



それでは、電子ピアノもありですが、それでは、どんな電子ピアノ?と更に疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

具体的には、


鍵盤がピアノと同じ88鍵あり、
ピアノのタッチに近いもの、
ペダルが本体に付いているもの
(後付けのペダルではなく…)

です。


メーカーは問いませんが、形のイメージはヤマハさんのクラビノーバのようなものです。

いわゆるキーボードのようなものは、タッチが安定しないので、桜木ピアノ教室がピアノ教室である以上、申し訳ありませんが、お買い替えを
お願いしています。ピアノをやるのに、キーボードで練習するということは、バレーボールをやるのに「風船を使う」…ということと同じようなものです。

楽器の購入、買い替えについてのご相談も受け付けております。また、今では楽器レンタルというサービスもあるようですので、お困りの時にはお声掛けいただけましたら、ご案内させていただきます。

また、当教室のピアノも空いている時間に限りますが、在籍生徒さんには30分単位(30分:500円)でお貸ししています。本番前などご利用ください。